光り輝く世界


 『きちっと腰腹(ようふく)の中心に力をまとめた時、私は忽然として全く自我を離脱して清浄悠久の涅槃境に入った。地球の呼吸は私の呼吸と全く一致した。

 

地球はあたかも活けるものの如く、我々はあたかも生なきものの如く、まさにこれ人牛忘の域だ。深く千尋の海底にでも在るが如く、遠く永劫の世界にでも住むかのようである。

 

かすかに小鳥のなく音が聞こえる。目を上げると海、山、原、林、一切は輝く。みんなこぼれるばかりに光を被っている。その美しさ!その気高さ!その清らかさ!オオきれいだなァ!!!

 

人工を加えたダイヤモンドをこんなに惜しげもなくバラ撒くとしたら大変だろうと、私はただ恍惚として驚くべき真自然の光景に眺め入った。

 

実にや、これこそは真健康を以て見る自然の真実であろう。この真自然の絶美と、これを楽しみうる正中心とを、天ははすべての人に恵ませ給う。讃うべきかな、誠の神!』

 

 『刮目(かつもく)すれば・・・・・オォなんというすばらしい美しさだ。なんという神々しさだ。枝を差し伸べた青木

は・・・・・その平凡なありふれた木の枝までも、ゆらゆらと微風におののいて神々しく、祇園精舎の菩提樹にさも似たり。

 

満目の光景ことごとく新たなる装いを凝らし、あたり一面に白紫紅の宝石をちりばめたように美しく輝いた。私の心は灼然として燃え上がった。その新世界の崇高壮麗なよりも・・・・・身よ我が正中心を・・・そのまま燦然としてダイヤモンドの神殿ではないか。

 

オォ嬉しい。かたじけない。いにしえの釈尊がかつ然として大悟徹底せられたとき、天地の万象は燦然として光り輝いたというが・・・・・またソクラテスは、3日間ギリシャの原野に佇立したまま瞑想を凝らし、東天微光を呈したとき、忽として悟得し、欣喜雀躍したというが・・・・・乞う、私の不遜を寛恕せられよ。

 

これ以上の美しさ、これ以上の嬉しさであろうか。いやこれ以上の嬉しさがこの世の中にまたとあり得るであろうか』 

『 鉄人を創る肥田式強健術』 より

 

これは、肥田春充(ひだはるみち)が、正中心を決めた時の様子を述べたものですが、実際には誰の目にも見えるはずの光り=世界のオーラのことです。

 

制限をうけている現在の普段の人間にはみえない世界を垣間見たということでしょう。

思うに、来るべき黄金の世はこのように美しい世界が誰にでも見えるようになるのだろうと思います。

 

ひふみ神示にも

・世が変わりたら天地光り人も光り草も光り・・・

・お日様もお月様も海も山も野も光り輝いて水晶のようになるのぞ。

とあります。半霊半物質の黄金の世界になるのですから、当然といえば当然です。

 

 

この世が終わり、新しい世界が現れる!

幼子キリスト.jpg2500年前のお釈迦様が、最も言いたかった事は、「諸行無常」と言うことだと思います。

全て永遠なるものはない、変わりますよ、滅びますよ、なくなりますよ、この世も終わりますよ!

と言うことです。

ひふみ神示には次のようにあります。

 

「かのと酉の日と年はこわい日で、よき日と申してあろうがな。

9月8日は結構な日ざが、こわい日ざと申して知らしてありた事少しはわかりたか。」

 

「かのと酉、結構な日と申してあるが、結構な日は恐い日であるぞ、

天から人が降る、人が天に昇る事、昇り降りで忙しくなるぞ

 

 

この上の二つは2017年のことを指しています。⇒2029年に変更されました

2012 2020年の9月8日とは違うので、間違わないように。

2012 2020年に、魂である人に降りてこられた天主様はいったん天界へ帰られます。

2017 2029年のこの時は、肉体を伴ったままの御降臨になります。

その様子を、キリストはこのように述べておられます。

 

『その日には、この艱難の後、日は暗くなり、月はその光を放つ事を止め、星は空から落ち、天体は揺り動かされるであろう。その時、大いなる力と栄光とを持って、人の子雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。その時、彼は使者達をつかわして、地の果てから天の果てまで、四方からその選民を呼び集めるであろう。』マルコによる福音書第十三章24節

 

聖書のダニエル書第八章25節に、その年を知るキーワードがあります。

 

エルサレムを立て直せと言う命令が出てから、メシアなる一人の君が来るまで、

七週と六十二週あることを知り、かつ悟りなさい。」とあります。

 

これは、どういう事かと言うと、1948年ユダヤの民がイスラエルを建国した年+7年+62年=2017と言うことです。

 

 

2017 2029年、人の子のような者が天の雲に乗って降りてくるのです

昇る者とは、第三波で、宇宙船に救助される人達のことであったり、木星でカルマを清算し直す為に死んで生まれ変わる人々のことです。

乗船する人達の数はかなりの数にのぼるはずです。

なぜなら、すでに救世主(ひふみ神示によると50人)達が、世界中で、活躍しているからです

アセンション後の人生

高原の道.jpg 五次元の人生は、貴方が今体験しているものとは全く異なります。今日の貴方の人生で、大きな役割を演じているものは、空間、時間、障害、制約です。もしもそういうものがなかったらと想像してみてください。

いったいどんな人生になるのでしょうか?

 貴方は、想像のマスターです。貴方の思考は、即座に他の五次元存在達に提供され、彼らを楽しませます。

その為に、貴方に使える質感や色彩、音や素材は文字どうり無制限です。もしも貴方が音楽的なものに心が向くようなら、物質界にはない音の幅と深みををもつオルガンを作ることができます。そのオルガンは空気を動かすのではなく、貴方の思考や感情を増幅させて音を出すのです。

 美術を好むのなら、可視光線を反射吸収する色彩に限らず、さまざまな色彩を使えます。貴方の創造する多次元空間にビジョンを直接焼き付けることによって、光そのもので絵を描くこともできます。

 自分自身の生活の場も貴方が創造します。五次元の友人達との出会いの場となるその場所は、物質界の家と同じようにどこもかしこもリアルなものです。唯一の違いは、貴方の考え一つで思いのままに模様替えができるし、意図しだいで周りの景色も変えられるということです。            

  体型を変えて楽しむこともできます。この周波数の体は純粋な思考の投影ですが、これもまた今の貴方の肉体と同様、貴方にとってリアルなものです。性別を問わず好きな転生時の体を投影する事もできるし、肉体をはるかに凌ぐ無限につきない感覚でのセックスも可能です。また地球外の体を投影して友達を驚かせる事もできます。

 貴方にできることを制限するのは、貴方が何をしたいと思い、何を喜ぶかということだけです。なかでも一番重要な違いは、貴方の表現するものが恐怖に基ずく周波数をいっさい持たない、根源の無条件の純粋な愛そのものであることです。貴方と根源の間にたちはだかるバリアーがことごとく取り払われたとき、その状態で味わうエクスタシーといったら・・・・私にはほのめかす事さえできません。瞑想中に「スピリット」にその感じを味あわせてほしいと頼むことはできますが、それですらも美味しいレストランの外で匂いを嗅いでいるようなものです。  

 アセンションとは物質界を去ることだと思っている人がいるかも知れません。答えは「ノー」です。すでに見てきたように、貴方という存在の最低周波数が五次元に上昇するので、物質界に残っている者達には見えなくなります。しかしながら貴方は目に見えるライトボディーを投影することができます。ライトボディーは肉体よりもう少し軽やかで、輝いています。そのため、目にした人を驚かせるかもしれないし、公共の乗り物に乗れば必ず席を譲られるでしょう。皆をびっくりさせたくなければ、今持っている体を投影すればいいのです。やりたい事が次々とでてくることでしょう。そうなった時の貴方は、あらゆる行動のための適切な知恵を持つ存在、すなわち、「アセンデッド・マスター」なのです!       

イザヤ書

 

イザヤ書 第60章

起きよ、光を放て。

あなたの光が臨み、主の栄光があなたの上に上ったからである。

見よ、暗きは地をおおい、闇はもろもろの民をおおう。

しかし、あなたの上には主が朝日のごとくのぼられ、主の栄光があなたの上に現れる。

もろもろの国は、あなたの光に来、もろもろの王は、のぼるあなたの輝きに来る。

 

あなたの目をあげて見まわせ、彼らはみな集まってあなたに来る。

あなたの子らは遠くから来、あなたの娘らは、かいなに抱かれて来る。

その時あなたは見て、喜びに輝き、あなたの心はどよめき、かつ喜ぶ。

海の富が移ってあなたに来、もろもろの国の宝が、あなたに来るからである

多くのらくだ、ミデアンおよびエパの若きらくだはあなたをおおい、

シバの人々はみな黄金、乳香を携えてきて、主の誉れを述べ伝える。

ケダルの羊の群れはみなあなたに集まって来、ネバヨテの雄羊はあなたに仕え、わが祭壇の上にのぼって受け入れられる。

こうして、わたしはわが栄光の家を輝かす

 

雲のように飛び、ハトがその小屋に飛び帰るようにして来る者はだれか

海沿いの国々はわたしを待ち望み、タルシンの船はいや先に

あなたの子らを遠くから載せて来、また彼らの金銀を共に載せて来て、あなたの神、主の名にささげ、イスラエルの聖者にささげる。

主があなたを輝かされたからである

 

異邦人はあなたの城壁を築き、彼らの王たちはあなたに仕える

わたしは怒りをもってあなたを打ったけれども、また恵みをもってあなたを憐れんだからである。

あなたの門は常に開いて、昼も夜も閉ざすことはない。

これは人々が国々の宝をあなたに携えて来、その王たちを率いて来るためである

あなたに仕えない国と民は滅び、その国々は全く荒れすたれる。

レバノンの栄はあなたに来、いとすぎ、すずかけ、松は皆共に来て、わが聖所を飾る。

また私はわが足を置く所を尊くする。

あなたを苦しめた者の子らは、かがんで、あなたのもとに来、あなたをさげすんだ者は、

ことごとくあなたの足元に伏し、あなたを主の都、イスラエルの聖者のシオンととなえる。

 

あなたは捨てられ、憎まれて、その中を過ぎる者もなかったが、わたしはあなたを、とこしえの誇り、世々の喜びとする。

あなたはまた、もろもろの国の乳を吸い、王たちの乳房を吸い、そして主なるわたしが、あなたの救い主、

また、あなたのあがない主、ヤコブの全能者であることを知るに至る。

 

わたしは青銅の代わりに黄金を携え、くろがねの代わりに、しろがねを携え、

木の代わりに、青銅を、石の代わりに鉄を携えてきて、あなたの政事(まつりごと)を平和にし、あなたの司人を正しくする。

暴虐は、もはやあなたの地に聞かれず、荒廃と滅亡は、もはやあなたの境のうちに聞かれず、

あなたはその城壁を「救(すくい)」ととなえ、その門を「誉れ」ととなえる。

 

昼は、もはや太陽があなたの光とならず、夜も月が輝いてあなたを照らさず、主はとこしえにあなたの光となり、あなたの神はあなたの栄えとなられる。

あなたの太陽は再び没せず、あなたの月は欠けることがない。

主がとこしえにあなたの光となり、あなたの悲しみの日が終わるからである。

あなたの民はことごとく正しい者となって、とこしえに地を所有する。

彼らはわたしの植えた若枝、わが手のわざ、我が栄光を現すものとなる。

その最も小さい者は氏族となり、その最も弱い者は強い国となる。

わたしは主である。

その時が来るならば、すみやかにこの事をなす。

 

2020年

赤ちゃんと地球儀.jpgDSCF0163.jpg赤ちゃん.jpg 

アメリカの予言者ディクソン夫人

真の救世主は2020年に現れ、そのキリスト二世により、輝く千年大国が築かれる」という。

また、宗教としての仏教では、宗生を救うという弥勒菩薩は五十六億七千万年後に現れるとしているが、

実は 釈迦は入寂にさいして、

 

「私の死後2500年後に、マイトレーヤ・ブッダ(弥勒)が東海の鶏頭城(日本)に現れて、

おおいなる火と水に清められた地上の人間をことごとく集めて、昼も夜も輝く楽園へと導くだろう。」

 

と予言した。釈迦の死後2500年といえば2020年にあたります。

 

*写真の弥勒像は、1993年頃至恩郷の三典さんから預かったものですが、彼女も亡くなられました。

艮金神様の言う弥勒の世までの様子

富士山.jpg*お金のいらない楽な世になる               

*天地光り人も光り草も光り、石も物心に歌う

*雨や風は欲しい時に降らせられるようになる      

*掃除できた人から、楽になる

*何もかも見通せるようになる                

*空飛ぶように身軽になる人がいる

*衣類食べ物、家屋まで変わる       

*お日様もお月様も海も山も野も光り輝いて、水晶の様になる

*嬉しうれしの世になる                    

*人も動物も草木も病というものはなくなる

*世界は昔の日本の古語が共通語となる         *世界は一つの王で治める

*人の光り具合によって、位や役職がわかる       *お宮は幸で埋もれ光り輝き、光りのまちにる

*お宮は宝物でいっぱいになる               *無理に働かなくてもいい楽な世になる

*世界中の人々が、天子様を拝むようになる       *日本は北になり、磁石も日本を向くようになる

*体も大きくなり、命も永くなる                *大便小便なくなり、不潔な物のない世になる

*神々でも見当とれない光りの世になる          *日本人が一番楽になる

*先になるほど広く豊かに光り輝き、嬉しくなる      *都に田舎、田舎に都ができる

*お宮は、高く光り遠くから拝まれるようになる

*改心できた人は、何の心配もないように守られ、肉体、顔まで変わる 

*世界一家のカタができ、その後本当の黄金の世となる  

*世界の民族に、五十人の救世主が出てくるが、中心の人は動かず四十九人が働く

*天も地も近くなる(地上では今の交通機関ではない物が現れ、宇宙旅行すらする様になる)

*新しい人々の住む所は、霊界と現界の両面を持つ半霊半物質の世界  

*新しい太陽が生まれる    

クラリオン星からの重要な情報

DSCF0101.jpgDSCF0099.jpg量子波が地球を横断する際の世界状況について、クラリオン星人に

誘拐され、飛躍的に知識が増大した、マオリッツオ・カバーロ氏は次の

様に述べている。

 

 

地球の自転速度がさらに加速し、それに伴い、一日の長さが極限まで短くなると、地球は大きく揺れ動きだします。

 

そして、黄道極に対する傾斜角度に変化が生じます。

 

すると、大陸は漂流し始め、最終的に地球の自転は完全に停止してしまうのです

 

その後、三日間、地球の半分は暗闇に包まれます。当然ながら、もう一つの半球は、同じく三日間連続で、真昼の光に照らしだされることになります

 

さらには、次のような事態が発生する可能性もあります。

 

唐突な地磁気現象(磁場はほぼゼロに近い状態まで、激減する)と、同時発生する、激烈な太陽嵐のせいで、やはり三日の間、地球全体が完全な漆黒の闇に閉ざされることになるかもしれません。

 

いずれにせよ、その後ゆっくりと、地球は今までとは逆方向に回転し始めることになります。

 

そして、現在よりもさらに30度地軸が傾くことになるのです。(つまり傾斜角度は約53度となる)。

 

地球は、この新しい傾斜角度の地軸に基ずいて修正された軌道上を公転し始めるのです・・・・。

 

もちろん、こうした一連の現象により、物質レベル(三次元の世界)で何が起こるかを想像するのは難しくないことでしょう。

 

それは、混沌の時となるでしょう。・・・(中略)

 

さて・・・・・三ヶ月後には、地球は再び居住可能な惑星となります。

 

エイリアンの巨大宇宙船に乗り込み難を逃れることができた人々は、草木おい茂る豊穣の地球に戻り、生活を再スタートさせることになります

 

新しいレベルの周波数に調整され、あらゆる汚染物質や放射性物質が取除かれ浄化された新世界は、再び住人を受け入れることができるようになります。

 

その際、新しい周波数にチューニングされた肉体と意識を通じて、人間は地球から発せられる不死のエネルギーの調和を感じ取ることができるようになるでしょう。

 

こうしたエネルギーは今まで感知されることはありませんでした。

 

なぜなら、物質に宿るエネルギー(分子の活動力=物質)の結晶化と鈍化した感覚が、障害となっていたからです。

 

新しい地球では、人間は自らが”不死の家系”にあることを自覚するようになります。

 

今まではマルチユニバースの掟てである”均衡の法則”や”永遠の法則”の対象外とされていた人間も、晴れてスターピープルの仲間入りを果たすのです。

 

こうした人類は、スターピープルの指導のもと、自らの存在を再構築していくことになるでしょう。

 

その結果、私達は、苦しみや、病、飢餓、死などから解放され、平和に宇宙的調和の道を歩み、ようやく古代の創造者達の姿を目にすることになるのです。

 

以上は、クラリオン星からの情報です。

 

 私の見解によると、上記のことが起こるのは、2017年10月27日であると解釈できます。⇒これは2029年頃になる可能性が高くなりました。(2016年現在)

 

『聖書』には、”主の日”とか”その日”とか書かれているものであり、ひふみ神示では、辛酉(かのととり)の日と年はこわい日とされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

神の御社

   富士山と白鶴.jpg

 

臣民働いて取れた物は、なんでも神様にささげるのざ、神の御社は幸で埋もれるのざぞ、御光輝くざぞ、光のまちとなるのざぞ。神からわけて下さるのざぞ、その人の働きによってそれぞれに恵みのしるし下さるのざぞ、それがお宝ぞ、お宝徳相当に集まるのざぞ、その人の働きによってそれぞれに恵みの印下さるのざぞ、それがお宝ぞ、お宝徳相当に集まるのざぞ、キンはいらんと申してあろがな、元の世になる迄に、そうした事になってそれからマコトの世になるのざ。神の世はマツリあるだけぞ、それまでにお宝下さるのざぞ、お宝は今のお礼の様なものざぞ。判るように申すなら、のお社と臣民のお役所と市場と合わした様なものが、一時は出来るのざぞ。嬉し嬉しとなるのざぞ、マコトのマツリの一(初め)ざぞ。

今年の2012年10月22日から上記のことが始まります⇒2022年〜2024年に変更になりました。

ですから、今年は大変におめでたい年になります。   

金星に見る黄金の世

DSCF0135.jpg 金星からやってきた人で、今はスイスに住むオムネクオネクという方がいる。彼女は金星で暮らしていた少女だったのですが、自分のカルマがまだ残っている事を知り、地球へUFOに乗りやって来る。

→続きを読む

物体とは

光.jpg 物体とは光が閉じ込められた状態にすぎません。あなたが光の身体を作るとき、あなたは分子構造を再編成しています。その再編成とは、物質界のある側面に対する把握を少しゆるめて、あなたの霊的な理解が毎日の生活と波長が合うようにすることです。光の身体を作るということは、光がもっと自由な状態にある物体を現実化することであり、表現、および源泉の探求においてより自由な光があなたそのものになり、あなたの個体性がより薄くなることを意味します。 

 あなたの周波数が上がるにつれて、あなたは光の身体となります。文字通りあなたの身体が変わるのがわかるでしょう。あなたの肉体は、より活力にあふれ、もっと若々しくなり、それ自身のあり方の中でより滋養を与えられ、もちろん、さまざまな情報をプロセスするものとなるでしょう。超存在になるでしょう。光の身体を作ることも、超存在になることを含みます。

 若返りや細胞の寿命を延長することによって、肉体の寿命を延長することが再び流行の兆しを見せています。これは、光の身体を作ることに付随する現象です。つまり、あまり重くない身体、自己を破壊しない身体、自己を再生する身体を作ることです。あなたがたが目指しているのはこれです。あなたの論理的な頭脳がそれが可能かどうか心配したりしなければ、あなたは光の身体となり、あなたもそれを感じることでしょう。あなたの社会はそれは不可能だと断言します。

 何度くりかえしても繰り返し足りないのですが、またいいますが、社会のいうことに耳を傾けてはいけません。これはあなたにとって一番難しい仕事で、これが達成できれば最高です。あなたには社会的な自我と魂レベルの自我がいますが、あなたはどちらが神聖な自我なのか心を決めなければなりません。このどちらがあなたにとって権威の源なのでしょうか。あなたの直感に従ってください。

▲このページのトップに戻る