私のプロフィール

私は宮崎に住む一人の男性です。

 

 昔から不思議なことや予言類に興味があり、たくさんの本を読んできました。

 

なかでも、 ひふみ神示は届いたその晩に抱いて寝ました。 斜め読みした直感で、この本が自分の最も求めていたものだと確信したからです。

 

1993年(平成4年)のことです。

 

その時経営していたレストランをやめ、名古屋に職を求めました。

 

四足を売れなくなったレストランの継続など考えられなかったし、当時の至恩郷の近辺に居たかったからです。

 

以来、至恩郷や錦之宮に出入りしてきましたが、自分の理想とはかけ離れたものでした。

 

預言が「12年延びるな」とも感じました。2000年もタツ年だったのです。

 

その後も名古屋の会社で働いていましたが、父親の入院(前立腺、胃がん)と母親も不整脈との事もあり、

宮崎にいったん帰郷する事にしました。

 

帰郷してからも何度か『錦之宮』代表の恵子氏とは電話で近況を連絡しておりましたが、彼女の”ひふみ神示は偽書です”の考えは変わりませんでした。

 

出口王任三郎に後押しされている霊能者として、一時期は評価もしていたのですが、欲が出てきたのか変ってしまいました。

 

私のその後は、転職の繰り返し、バブルがはじけたこともあり、二度の倒産によるリストラにも合いました。

 

どの会社もそれなりに、楽しい所でした。

 

しかし、今、思えばただお金を稼ぐだけに成り下がっていました。

 

パートで、口帝疫の洗浄にも行きましたし、食品会社の工場でも、始めて働きました。

 

2011年10月になり ついに私の我慢していた何かが爆発しました。

 

もう、ダメダ待てない! 

 

「お宮の建造は自分がやってやる!」と決意しました。

 

『ひふみ神示』によると、『天詞様』が降りてくることになっているからです。

 

お宮は必ず建ちます☆ 建てて見せます☆ 

 

宗教は一切関係ありません、 私も無宗教です。 

 

どうか皆様、趣旨をご理解くださり私にご協力ください。

 

▲このページのトップに戻る