身中祓詞(みなかのはらいのことば)

天照坐皇大神の宣く。

(あまてらしますすめおおみかみののたまわく)

 

 

人はすなわち天下の神物なり。

(ひとはすなわちあまがしたのみたまものなり)

 

須らく静まることを掌るべし。

(すべからくしずまることをつかさどるべし)

 

心は則ち神明との本の主たり。

(こころはすなわちかみとかみとのもとのあるじたり)

 

わが心神を傷ましむることなかれ。

(わがたましひをいたましむることなかれ)

 

是の故に。

(このゆえに)

 

目に諸々の不浄を見て心に諸々の不浄を見ず。

(めにもろもろのけがれをみてこころにもろもろのけがれをみず)。

 

耳に諸々の不浄を聞きて心に諸々の不浄を聞かず。

(みみにもろもろのけがれをききてこころにもろもろのけがれをきかず)。

 

鼻に諸々の不浄を嗅ぎて心に諸々の不浄を嗅がず。

(はなにもろもろのけがれをかぎてこころにもろもろのけがれをかがず)。

 

口に諸々の不浄を言ひて心に諸々の不浄を言わず。

(こころにもろもろのけがれをいひてこころにもろもろのけがれをいわず)。

 

身に諸々の不浄を触れて心に諸々の不浄を触れず。

(みにもろもろのけがれをふれてこころにもろもろのけがれをふれず)。

 

意に諸々の不浄を思ひて心に諸々の不浄を想はず。

(こころにもろもろのけがれをおもひてこころにもろもろのけがれをおもわず)。

 

比時に清く潔よきことあり。

(このときにきよくいさぎよきことあり)。

 

諸の法は影と像の如し。

(もろもろののりはかげとかたちのごとし)。

 

清く浄ければ仮にも穢るることなし。

(きよくきよければかりにもけがるることなし)。

 

説を取らば得べからず皆花よりぞ木の実とは生る。

(ことをとらばうべからずみなはなよりぞこのみとはなる)。

 

我身は則ち六根清浄なり。

(わがみはすなわちむつのねきよらかなり)。

 

六根清浄なるが故に我が身中主安らかなり。

(むつのねきよらかなるがゆえにわがみなかぬしやすらかなり)。

 

我が身中主安らかなるが故に天地の神と同根なり。

(わがみなかぬしやすらかなるがゆえにあめつちのかみとおなじなり)。

 

天地の神と同根なるが故に万生の霊と同体なり。

(あめつちのかみとおなじなるがゆえによろづのみたまとひとつなり)。

 

万物の霊と同体なるが故に為すところ願ひとして成就ずといふことなし。

(よろずのみたまとひとつなるがゆえになすところながひとしてならずといふことなし)。

 

 

 

 

この記事へのコメント
ありがとうございます、全神様降臨慈愛慈悲感謝合掌申し上げます。ありがとうございます。
Posted by 元無有極躰體主由王大王大王大御神様祭祀藤澤真司由美 at 2015年08月24日 16:41
ひふみ祝詞ではなく下記のようにと指示が出されています。

「大祓詞」の中の「天津祝詞の太祝詞事」は封印されていたものが

大物主神様より読んで良しと許可が下りましたのでお伝えします。

「天津祝詞の太祝詞を宣れ」の後に3回続けて

読みます。


「大祓詞」を神社で1日1回奏上して下さいますようお願い致します。

浄化のための強い言霊ですので、祈祷に来る人達にも奏上していただき

ますようお願い致します。



「天津祝詞の太祝詞事 あまつのりとのふとのりとごと」


高天原に神留り坐す

(たかまのはらにかむづまります)

神漏岐・神漏美の命以ちて

(かむろぎかむろみのみこともちて)

伊邪那岐命

(いざなぎのみこと)

諸々の禍事罪穢れあらむをば

(もろもろのまがごとつみけがれあらむをば)

禊祓給ひし時に

(みそぎはらえたまいしときに)

祓戸の大神阿波岐原清め給え 

(はらえどのおおかみあはぎはらきよめたまえ)

※3回続けて読む
Posted by 中本涼子 at 2016年07月28日 14:29
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14269484
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
▲このページのトップに戻る