ひふみ神示の本は奪い合いになる

『ひふみ神示』の本が奪い合いになるほど、世の中が判らなくなるということです。

全てがこの本には書かれているのですが、暗くなってもなかなか帰ろうとしない子供公園で遊ぶ子供.jpg

 

のように、いつまでも遊んでいたいのです。でももう、帰り道を急がないと本当に真っ暗くなってからでは、自分の家まで帰り着かなくなってしまいますよ。

 

まだ『ひふみ神示』を買っていない人はいまのうちに買っておきましょう。持っている人は

盗まれないように注意しておきなしょう。

▲このページのトップに戻る